小さな間違い

外為取引の経験の浅い方が為替の重要なところを理解するには、まず学習を重ねていく事が必要です。

 

特に、先にリスクを気付くようになるようになるにはへまをすることも体験のひとつです。

もちろん、失敗するといっても、元に戻せないほど決定的な損をしてはいけない。

やり直しが効く損を数度体験することが、結論として自らの経験を増やしてくれる。

れを考えると、まず最初はわずかな額でエントリーして、ここでいくつか小さな間違いをすることが必要です。

 

たとえば、100万円だけしか投資する余裕が無い方が、考えなしで全部賭けてエントリーすると、マイナスになった時、永久に元に戻せない恐れがあります。

 

それならば、資金の10%ずつ小分けしてエントリーしてそれでエントリーを経験した方が、じょじょにミスを回避する手法なども身についていくはずである。

 

最初にわずかな額でトレードする事のメリットは、先に記したように、あなたの取引経験を増やし損を避ける手段を習得していく事にありますが、一緒に、取引の回数を重ねる事で危険性を減らせるという良い点もあります。

 

例として、1度のトレードで儲けられる可能性が50%だと考えます。

 

この条件では、同じく50%の確率で損失を生むリスクもあるということになります。

 

勝率50%ということは五分五分の比率で勝てることを意味している。

 

だけど、全ての資金を投資して売買をするということは、はっきりとした勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。

 

それでは1度だけの丁半バクチと同じです。

 

つまり、全てを投じて1回だけしかトレードしないと、それだけマイナスになる確率が高くなってしまいます。

 

それだけに、資金を全額使うのではなく、少額ずつ分けて回数を多くすることがリスク回避となります。

 

何回かに分けたとしてもすべての取引で儲ける事は必須ではありません。

 

正確に言うと、勝てないのが現実だ。

 

トレードで必要なのは、勝利回数ではなく、どれだけ稼ぐかです。

勝率が2分の1でも、或いは勝率が低くても利益を上げる事が出来ます。

 

負ける確率が高くても損がわずかならば、少ない勝ちの儲けの大きさだけで十分儲けられます。

http://ameblo.jp/swe4r5tp/

それには、損を少なく、利益を大きくを覚えておく事です。

損したらすぐさま損切りして、逆に勝てる時には上手く稼ぐ事がFX取引をはじめたばかりの方がFX取引で成功する神髄です。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 小さな間違い
  2. まさかの方法