まさかの方法

「スプレッド」とはFXは通貨を売買して利ざやを上げる取引です。

 

取引の値段は、四六時中上がったり下がったりします。

 

それが為替です。

http://maruta.be/exhjem/

ラジオのニュースを聞いていると、市場の話題が流れる状況があります。

 

「本の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを提示しています。

 

すなわち、売り買いには買値と売値の2つの値が存在している事を表しています。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと提示している取引会社もあったりします。

 

普通は売値が買値よりも安く定められています。

 

買値は高く、売値は低くなっています。

 

この差をスプレッドといいFX会社の収入のひとつとされています。

 

スプレッドの狭さは取引会社によって異なります。

 

スプレッドの幅は投資家にとって手数料になるので、狭い取引会社をセレクトするほうが有利です。

 

ただ、同じFX会社でも局面によってはスプレッドの狭さは拡大したり、縮小したりします。

 

日常的には円とドルの組合せで1銭のスプレッドの狭さであるとしても、為替の変化が激しいケースでは1銭よりも大きくなったりする状況があります。

 

という事で、スプレッドの広さが狭いのと同時に変わらないということが肝心です。

 

動かないスプレッドの狭さを提示する業者もたくさんあったりします。

 

実際にFX会社の売買画面上で実際のレートを確認しなければ評価できないので面倒くさいですがとても大切なことです。

 

大切なお金を投資して売り買いするのだから、本当の売買の前に興味がある業者の新規口座開設をいくつもして表示されているスプレッドの幅を実感しましょう。

 

同じペアでも、その瞬間の為替相場の状況によって、通貨ペアのスプレッドの広さは変化します。

 

一般的には、インターバンク市場で取引高が多い通貨の組合せではスプレッドが小さく、それ以外の外貨ではスプレッドが広がる傾向にあります。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 小さな間違い
  2. まさかの方法