保育士のお仕事、楽しいけど大変?大変だけど楽しい?

「保育士」って女の子の憧れの職業の一つですね。

私も年の離れた妹の世話を手伝っていた影響で「大きくなったら保母さん(私の子どもの頃は保母さんでした)になりたいな」となんとなく憧れていた一人でした。

ですが途中で進路を変えてしまい、まったく別の仕事をし、結婚して子供を育てる母になりました。

一番下の子が少し手が離れてきたタイミングで、保育士補助の仕事をする機会に恵まれました。

子どもの頃憧れていたお仕事ですし、何より子ども大好きでしたからワクワクしながらお仕事を始めたわけですが、もう初日から思い知らされました。

とにかく時間との勝負、そして一瞬たりとも子ども達から目を離してはいけない。

「保育士補助」というのは保育士資格を持たない、あくまでも補助的な仕事しかできないという意味なのですが、とんでもない。

正規の先生たちと責任の重さは変わらない、早番・遅番あり、昼寝時間は連絡帳を書いたり事務仕事や行事の準備、さらに保護者からは周りと同じようにそこそこベテランの先生だと思われているので下手なことは言えない。

さらに常に人手不足の状態なので、ちょっと体調悪いくらいじゃそうそう休めません。

正直体力的には相当キツイ仕事でした。

初めて腰椎ヘルニアにもなりました。

イヤイヤ期真っ最中の魔の二歳児クラスの担任をしていたので、常に頭フル回転で「こういう時はどう言葉がけをしたら聞いてくれるか」を考える毎日でした。

まさに嵐のような毎日でした。

それでも一年間私を頑張らせてくれたのは、子ども達の、私に甘えたり、反抗したり、頼ってくれる天使のようなかわいい姿です。

以後の仕事にも生かせるようなことをたくさ学びました。

今、保育園で先生と呼ばれていた一年間を思い出すと「大変だった」「でもやりがいのある楽しい仕事だった」と両極端ですが、どちらも私の本音です。

もしもまた機会があったら保育士の短時間のパートの求人募集があれば了承するかもしれません。

現在保育士を目指している人にひと言かけるとしたら、やっぱり「大変だし辛いことも多いかもしれないけど、やりがいはあるよ」ときっと伝えられます。

楽しいことばかりではなかったですが、とても充実した一年でした。

そんな話を書いているうちに、どこかの保育園でパート募集でもしていないか、ちょっと探してみたくなってきました。

保育士 求人 正社員

ここのランキングで紹介をしている求人サイトに私も登録してみようかな